トラベル・カウンセラー制度

お問い合わせ
03-3592-1277
メールでのお問い合わせ

トップページ > トラベル・コーディネーター > 養成講座学習内容

トラベル・コーディネーター

養成講座学習内容

 旅行商品を販売する知識とスキルを習得する「販売実務」、旅行販売のプロとして海外旅行地理知識及び国内旅行地理知識を習得する「旅行地理」、店頭販売におけるお客様心理を理解し、成約につながるスキルを身につける「コミュニケーション・スキル」の3つのプログラムを用意しています。

3つのプログラム

販売実務
  1. 販売業務
    旅行商品の構成・素材に関する知識。旅行傷害保険の知識など
  2. 情報検索
    インターネット検索 翻訳ソフトの活用法
  3. 旅行業英語
    旅行情報の収集、業務資料の理解、手配業務の実施等に必要な英語
    (実用英語検定3級〜準2級合格程度の英語力)

詳しくはコチラ

旅行地理
  1. 海外地理
    世界を5つの地域に分類して、理解を深める
  2. 国内地理
    日本国内を7エリアに分類して学習
  3. 学習レベル
    「旅行地理検定試験」2級に合格できるレベルの
    知識を修得

詳しくはコチラ

コミュニケーション・スキル
  1. 対人関係能力とコミュニケーション
  2. 印象力、リレーション力、リスニング力質問力、説明力をつける
  3. クレーム対応の基本

詳しくはコチラ

認定手続き

申込・受講スタート

 トラベル・コーディネーター受講申込ページより申込手続を行って下さい。養成講座開始前に研修センターから養成講座の学習の手引きと教材及びインターネット学習用のID/パスワードが届きます。
 養成講座は基本的に約4カ月で修了できるように設定してありますのでカリキュラムの内容を確認し、無理のない学習計画を立てましょう。
 「トラベル・コーディネーター養成講座 入口」よりID/パスワードを使って養成講座にエントリーし、受講スタートとなります。

演習問題~講座終了

 政府観光局発行の冊子やホームページで学習し、ドリル形式の演習問題に取り組んでいただきます。数多くの演習問題をこなして知識量を総体的に増やします。

・復習テスト:ドリル形式の演習問題で、学習した内容を中心に重要なポイントを解いて学習します。
・修了テスト:認定試験とほぼ同じ設問パターン・問題数の模擬テストです。学習してきた広範囲な分野から出題されます。

 終了テストは5回まで受けられます。5回以内に設問の70%以上をクリアできれば合格、養成講座修了となり、修了証を発行します。

認定申請~資格取得

 養成講座を終了した方は、「現在、旅行会社及び旅行業関連企業の従事者で実務経験1年以上」であり認定要件を満たしていれば、資格認定の申請をすることができます。
 講座の修了証に同封する「認定申請書」に必要事項をご記入のうえ、認定料とあわせて返信いただければ認定証をお送りいたします。

受講を申し込む
  • トラベル・コーディネーターとは
  • 養成講座学習内容
  • 販売実績
  • 旅行地理
  • コミュニケーション・スキル
  • 資格認定について
  • 受講申込